お問い合わせ窓口

RFID テスト

appnavi-logo2.gif

RFID (Radio Frequency Identification) は、物体の位置/移動の追跡に使用される無線テクノロジーです。アプリケーションは、建物へのセキュリティ・アクセス、動物の追跡、利用金徴収の自動化、サプライ・チェーンでの品物の追跡などさまざまです。配備されるテクノロジーでは、エンド・ユーザ環境を考慮する必要があります。例えば、リーダとの距離、温度などの環境条件、追跡対象製品の寿命、無線通信に関する法令、情報伝送の内容 (速度、容量) などです。

現在、RFID システムは、RF 伝搬テクノロジーと情報プロトコルとの組み合わせが原因で、相互運用されることのない専用システムで主に構成されています。ePC Global (a joint venture formed by UCC (Uniform Code Council) と EAN (European Article Number) のジョイント・ベンチャー)は、世界中の小売業者およびメーカが特にサプライ・チェーン管理アプリケーションで RFID テクノロジーを採用すると見込んでいます。

RFID システムの主なコンポーネントは、アンテナ、トランスポンダ/"タグ"、トランシーバ/"リーダ"です。Agilent は、RFID コンポーネントのモデリング、開発、テスト用のさまざまなツール・セット、タグ付き物体に対する特定のアンテナ・デザインの適切な整合を確実にするために必要な測定ツールを提供しています。

Agilent の RFID ツール:

タグおよびトランシーバ・デザイン、アンテナ・モデリング・ツール:

トランスポンダ/トランシーバのシミュレーションとデザイン:Agilent Advanced Design System (ADS) は、RF システムおよび回路レベルの解析、デザイン、レイアウト用の統合型ソフトウェア・デザイン・プラットフォームです。 Advanced Design System (ADS)

Cadence 社の RFDE での IC のデザイン:AgilentのRF Design Environment (RFDE) は、Cadence 環境で大規模な RF/ミックスド信号 IC をデザインするためのソフトウェア・デザイン・プラットフォームです。 RF Design Environment (RFDE)

Momentum プレーナ電磁界シミュレータ:E8921A Momentum は、受動回路の解析に使用されるプレーナ電磁界 (EM) シミュレータです。多層構造を含む任意のデザイン形状の解析が可能で、カップリングや寄生成分などの電磁界の影響を正確にシミュレーションします。正確な電磁界シミュレーションにより、RF/MMIC デザインにおける受動回路の性能が向上し、製品は高い信頼性でシミュレーション通りに機能します。 E8921A

Advanced Model Composer (電磁界シミュレーションをベースにした高速受動モデル):Advanced Model Composer は受動モデル作成における新しいパラダイムを提供します。電磁界シミュレーションの確度と解析モデルの速度を、単一でユーザ定義のコンパクト・モデルに統合することにより、それぞれの長所を提供します。 Advanced Model Composer

インピーダンス測定およびハンドブック: インピーダンス測定ハンドブック

このハンドブックには、Agilent の LCR メータおよびインピーダンス・アナライザを使用するインピーダンス測定の基礎が詳細に記載されています。

Agilent E4991A RF インピーダンス/マテリアル・アナライザは、優れたインピーダンス測定性能を備え、強力な解析機能を内蔵しています。 E4991A RF インピーダンス/マテリアル・アナライザ

材料用誘電体プローブ・キットおよび測定ソフトウェア:

E5061A ENA シリーズ・ベクトル・ネットワーク・アナライザ (300 kHz ~ 1.5 GHz) E5061A 汎用ネットワーク・アナライザ (300 kHz ~ 1.5 GHz) は、信頼性の高い基本的な S パラメータ測定を、最新テクノロジーに基づいた使いやすさと確かな性能によって実現します。伝送/反射 (T/R) テスト・セットのオプションは低コスト・ソリューションを、S パラメータ・テスト・セット・オプションはフル 2 ポート校正による正確な測定を提供します。主な機能には、アンテナのインパルス応答を評価するためのタイム・ドメイン解析、 チャネル応答テスト用の内蔵信号源、85070E 誘電体プローブ・キットおよび 85071E 材料測定ソフトウェアとの互換性があります。 E5061A ENA-L RF ネットワーク・アナライザ

N5230A PNA-L ベクトル・ネットワーク・アナライザ 4 ポート PNA-L ベクトル・ネットワーク・アナライザは、フィルタ、デュプレクサ、最高 20 GHz の RF モジュールなどのマルチポート/平衡コンポーネントの測定用に最適な速度と確度を備えています。4 ポート PNA-L の自動ポート延長機能は、自動的にフィクスチャを測定して補正するので、インフィクスチャ・デバイスを簡単かつ正確に測定できます。この新機能では、さらに確度を向上させるために、フィクスチャの挿入損失も補正します。

85070E 材料測定ソフトウェア

Agilent のネットワーク・アナライザと組み合わせて使用すると、85070E 誘電体プローブ・キットでさまざまな誘電材料の電気/磁気特性を求めることができます。これらの特性は分子構造によって決まり、他の特性と関連付けることができます。主な特長には、広い周波数レンジにわたる複素誘電率の測定があります。 85070E 誘電体プローブ・キット

85071E 材料測定ソフトウェア

85071E 材料測定ソフトウェアは、S パラメータ・ネットワーク・アナライザの測定値を複素誘電率および透磁率に変換します。主な特長には、複素誘電率および透磁率の測定の自動化、新しいフリー・スペース校正オプションによる使いやすさの向上、フリー・スペース測定のコスト低減があります。 85070E 誘電体プローブ・キット

トランシーバおよびトランスポンダのテスト/開発ツール:

54855A Infiniium オシロスコープおよび InfiniiMax 1134A プロービング・システム

これらを組み合わせると、高性能の 6 GHz エンドツーエンド測定システムとなります。主な特長は、6 GHz のリアルタイム帯域幅、約 1 ps の rms ジッタ、20 ギガサンプル/秒 (Gサンプル/s) のデータ・レート、1 M ポイントのメモリ長 (50 μs) です。 54855A Infiniium オシロスコープおよび InfiniiMax 1134A プロービング・システム

ESA-E シリーズ・スペクトラム・アナライザ (100 Hz ~ 325 GHz)

ESA-E シリーズは次世代対応の Agilent のミッドパフォーマンス・スペクトラム・アナライザ・ソリューションです。柔軟なプラットフォーム・デザインのため、必要に応じて新機能を追加して固有のテスト・ニーズに対応させたり、アップグレードすることにより、研究開発、製造、フィールド・サービス用に製品をカスタマイズできます。主な特長は、インターネット経由でのリモート表示/制御、堅牢でポータブルなラボ・グレード、+/-1 dB の全振幅確度、BenchLink スペクトラム・アナライザ・コネクティビティ・ソフトウェアの使用が可能なことです。 ESA-E シリーズ測定ソリューション

89600 シリーズ・ベクトル・シグナル・アナライザ

89600 シリーズ・ベクトル・シグナル・アナライザは、デジタル変調信号のRF品質、変調品質を測定します。DSP ベースのシグナル・アナライザは、FFT ベースのスペクトラム解析機能、さまざまなベクトル変調機能、RF 信号のオシロスコープ測定機能を備えています。89600 VSA は広い IF 帯域幅 (36 ~ 39 MHz) に加え、従来型のRFスペクトラム表示、ベースバンド (I/Q) 解析、信号捕捉メモリ、RF および IF トリガ機能、さまざまなアナログ/デジタル復調器、時間/周波数/変調解析ツールを提供します。これらの機能を備えた 89600 VSA は、狭帯域および広帯域のデジタル通信信号の評価に最適です。

89601A-BHC、89601AN-BHC RFID 変調解析

E4438C ESG ベクトル信号発生器 (最高 6 GHz)

E4438C ESG の任意波形発生器および I/Q 変調機能を使用すると、さまざまなマイクロ波アプリケーション用の複雑な波形を作成できます。汎用の干渉用信号源やトランスミッタのパルス・ジェネレータの局部発振器として使用できます。 E4438C ESG ベクトル信号発生器

4395A ネットワーク/スペクトラム/インピーダンス・アナライザ (10 Hz ~ 500 MHz)

Agilent 4395A は、優れたベクトル・ネットワーク測定、スペクトラム測定、オプションのインピーダンス測定をラボおよび製造アプリケーション用に提供します。多くの場合、コンポーネントや回路の測定で必要な利得、位相、群遅延、歪み、スプリアス、CN、雑音をこれ一台で測定することができます。ネットワーク/スペクトラム/インピーダンス・アナライザ (10 Hz ~ 500 MHz) 詳細は、こちらから。

YouTubeビデオを見る 

1-2 / 2

並べ替え
* イベント・カレンダー 
アジレント電子計測のイベント、セミナ予定一覧

セミナー

 
トレーニング一覧/電子計測コンサルティング・センター(CoE) 
アジレント電子計測 有料トレーニングコース一覧

トレーニング資料 2013-12-10