お問い合わせ窓口

LVDSコンフォーマンス・テスト・アプリケーション

Infiniiumシリーズ オシロスコープ用のAgilent Technologiesの低電圧差動シグナリング(LVDS)ユーザ定義アプリケーション(UDA)テスト・ソフトウェアを使用すれば、LVDSデザインの暫定的な評価/デバッグを容易に行えます。また、汎用的なテスト要件を自動で実行し、結果を柔軟なレポート形式で表示できます。レポートには、どの程度のマージンでデザインが各テストに合格/不合格したかを示すマージン解析も含まれています。

LVDSはデジタル・シグナリング伝送システムです。安価なツイストペア・ケーブル上で非常に高速に動作し、1対の信号線の電圧の差として情報を伝送できます。小振幅信号、2本の信号線間の密接な電界と磁界の結合により、放射される電磁界ノイズの量は低減します。LVDSは、約1.25 Vの低コモンモード電圧(2本の信号線の電圧の平均)のため、供給電源が2.5 V以下のさまざまなICで使用することができます。

主な特長:

  • テスト・セットアップ・ウィザードにより、テストの選択、設定、接続、実行と結果レポートの手順をガイド
  • 測定接続セットアップを表示
  • オシロスコープ・セットアップを各テスト用に自動的に設定
  • テスト結果レポートにテスト設定、実行された測定、合否ステータス、マージン解析、波形を記載

要件:

  • Infiniiumシリーズ オシロスコープでは、Infiniium 3.00以上のソフトウェア・リビジョン
  • N5467Aユーザ定義アプリケーション(新しい90000シリーズ オシロスコープのオプション040)
  • E2688A高速SDAソフトウェア(新しいInfiniiumシリーズ オシロスコープのオプション003またはアプリケーション・サーバ・ライセンス用オプションN5435A-003)
  • N5400A EZJIT Plusジッタ解析ソフトウェア(新しいInfiniiumシリーズ オシロスコープのオプション004またはアプリケーション・サーバ・ライセンス用オプションN5435A-001)

LVDS UDAソフトウェアのダウンロード

絞込み

  • 絞込み不可
  • 一致する情報は見つかりませんでした