お問い合わせ窓口

SystemVueの紹介

下記の表に示すSystemVueシリーズのデモおよびチュートリアル・ビデオは、Agilent EEsof EDAのSystemVue ESLソフトウェアの詳細を知るために便利です。

注記:下記の表内のビデオは、SystemVueビデオ・ライブラリ のYouTubeでもご覧いただけます。

 

SystemVueビデオ・ライブラリへの最新追加ビデオ
# 時間 タイトル 概要 関連製品
1 3:39 レーダおよびEWシステムの仮想開発/フライト・テスト  Agilent SystemVueおよびレーダ・モデル・ライブラリをAnalytical Graphics, Inc (AGI)のSTKと組み合わせて、シミュレーション/検証のための現実的な「RFアウェアな」レーダ/EW信号を作成し、テスト機器にダウンロードする方法を学習できます。 W1461
W1905
AGI STK
2 6:36 COTSソフトウェア/測定器によるマルチエミッタ信号シナリオの作成  このビデオでは、SystemVue デザイン・ソフトウェアを用いて、Lバンド/Sバンドのレーダ信号をLTE、EDGE、GSM、WCDMAの民生用インタフェースに結合しています。さらに、2 GHz幅のコンポジット信号をAgilentの測定器にダウンロードし、マルチエミッタR&Dアプリケーション向けのコスト・パフォーマンスの高いテスト・ソリューションを実現しています。 W1461
W1916
W1910
W1905
M8190A
3 9:59 SystemVueによる8x8 LTE MIMO解析  このビデオでは、SystemVueの新しい機能、89600 VSAソフトウェア、Agilentの測定器を使用した、8x8 LTE MIMOのシステム・シミュレーション、信号作成、測定のデモを行います。 W1461
W1918
4 26:46 Mark Pierpoint博士によるデザイン検証テストのKeynote  Mark Pierpoint博士が、IMS2012のMicroApps Keynoteをお届けします。 W1465
5 14:22 MilComm用カスタムOFDM  IMS2012のMicroAppsのプレゼンテーションでは、最新の無線/防衛アプリケーションにおいてSystemVueと89600 VSAを使用して信号を発生し、ユーザ定義のOFDM信号を解析しています(ビデオはIEEE.tvの提供です)。 W1461
89600
6 11:20 仮想レーダ・シナリオ  IMS2012のMicroAppsのプレゼンテーションは、SystemVueとSTKソフトウェアの統合について説明しています。STKはAGI社のソフトウェアで、仮想レーダ・シナリオをレンダリングします。以前から、電子戦(EW)とレーダ・アルゴリズムの実用的なデザイン検証に使用されています(ビデオはIEEE.tvの提供です)。 W1905
STK(AGI)
7 11:51 Addressing VHT 802.11ac 無線LAN MIMOのデザイン/テストの問題  SystemVueをテスト機器とともに使用して、160 MHz 802.11ac 無線LANの2チャネルMIMO システムのデザイン上のトレードオフを評価します。

W1917
81180
Infiniuum

8 6:07 SystemVueによるAgilent EEsofエレクトロニック・システム・レベル(ESL)のデザイン・フロー 

このビデオは、SystemVueベースのAgilentのエレクトロニック・システム・レベル(ESL)、デザイン・フローをご紹介します。ESLを使用すれば、ベースバンドとRFが連携して機能する複雑な物理層通信システムを迅速にデザインして検証することができます。

W1461
W1462
W1464
W1465
9 7:56

Agilent 89600 VSA、SystemVue、ADSによる通信システム性能のビジュアリゼーション

Agilentの89600 VSAソフトウェアを使用すれば、SystemVueおよびADS Ptolemyで、複雑な変調信号も容易に解析できます。シミュレーション、検証、製造を通して一貫性のあるビジュアリゼーション・ツールを提供します。
 
89601BE
W1461
W2361
10 6:50 Agilent SystemVueによる、マルチスタンダード無線機(MSR)性能の予測  Agilent SystemVueを使用すれば、シミュレートしたマルチスタンダード無線機(MSR)シナリオを使って、4G LTEとレガシー2G/3G無線規格との関係を予測し検証することができます。 W1916
11 9:40 W1917 SystemVue無線LANライブラリを使用した802.11acシステムのデザインと検証  Agilent SystemVueとW1917無線LANライブラリは、5GHz 802.11ac無線LAN物理層の通信システム・デザインおよび検証に使用されます。 W1917
12 11:07 デジタル・フィルタ・デザイン用のSystemVueの紹介  通信システム用FIR/IIRフィルタをデザインするためのAgilent SystemVueデジタル・フィルタ・ツールの使用方法を学習できます(パート1/2)。 W1461
13 15:11 SystemVueによる、FIRフィルタのFPGA実装  Agilent SystemVueを使用すれば、固定小数点デジタル・フィルタ性能を表示し、HDLコード作成を使ってFPGA用に実装し検証することができます(パート2/2)。 W1461
W1903
W1717
14 6:58 モデル・ポリモーフィズムを容易に管理するためのモデル構成  新しい“Model Configurations”タブとC++コード・ジェネレータをSystemVueで使用して、モデル・ベースのデザイン・フローを簡素化できます。
 
W1461
W1718
15 9:51 Spectrasysの最新RFICトランシーバ・アーキテクチャへの適用  Spectrasysのさまざまな新機能を使用すれば、無線通信用SoCのより正確な物理層通信シミュレーションを実現できます。 W1719
X パラメータ
16 8:00 RFIC検証用のFast Circuit Envelopeモデル  RFIC検証用GoldenGate “Fast Circuit Envelope”モデルをSystemVueで使用し、4G/LTE無線RFICトランシーバを1000倍高速に検証するための方法を学習できます。 W1719
GoldenGate
17 9:10 SystemVueによるカスタムOFDM波形の作成  SystemVueを使用すれば、テスト機器やシミュレーションでレイヤ1の物理層アーキテクチャをテストするための、カスタムOFDM通信信号を作成できます。この機能の概要を紹介し、最新の無線/軍事通信方式に容易に対応できることを説明します。 W1461
89600
18 04:21 LTE-Advanced物理層のシステム・レベル・デザイン  最初にSystemVue 2011.03で導入された、無線業界初のLTE-Advanced(3GPP Release 10)用デザイン・パーソナリティをご覧ください。 W1918
19 07:14 SystemVueによる、現実的なウルトラワイド・バンド・レーダ信号の作成 SystemVueはAgilentのテスト機器と組み合わせて使用でき、レーダ・システムをモデル化や、現実的なGHz帯環境のシナリオを作成することで、コスト・パフォーマンスの高いUWBシステムの動作検証を実現します。 W1905
81180
 
20 05:08 Agilent SystemVueとAgilent PXIモジュラ・ハードウェアを使用した広帯域DPD  SystemVueと広帯域Agilent PXIモジュール計測器を使って、LTE-Advanced/802.11acパワーアンプのデジタル・プリディストーション測定が実現できます。 W1716
M9392
SystemVueのチュートリアルおよびアプリケーション
番号 時間 タイトル 概要 関連製品
1 2:59 SystemVue内でのMATLAB®の使用  MATLABをSystemVue内で直接使用することにより、無線アルゴリズムと優れたRFモデル、規格のIP、測定を組み合わせた信頼性の高いシステム・レベルのデザインを実現できます。 W1461
MATLAB(The MathWorks社)
2 4:30 SystemVueを使用したIBIS AMIモデルの作成  SystemVueを使用すれば、優れた物理層解析機能を使って次世代ギガビットSerDesリンクをデザインし、回路設計用の「移植可能なデータシート」として機能するIBIS AMIモデルを迅速に作成することができます。 W1461
W1718
W1714
3a 11:43 パート1:IBIS AMIモデルの作成が容易に  この3パート構成のビデオでは、SERDESのビヘイビア表現およびAMIモデルを作成するための詳細な手順を解説します。これは、デバイス用のAMIモデルやチャネル・シミュレーション用のカスタムTX/RXトポロジを作成する必要のあるSERDESのベンダおよびシステム・デザイナ向けのビデオです。 W1714
W1718
3b 10:16 パート2:IBIS AMIモデルの作成が容易に  パート2/3、「IBIS AMIモデルの作成が容易に」 W1714
W1718
3c 8:59 パート3:IBIS AMIモデルの作成が容易に  パート3/3、「IBIS AMIモデルの作成が容易に」 W1714
W1718
4 5:32  Agilent SystemVue/LTEライブラリを使用したFPGAのデザインと検証 W1461 SystemVue用のW1910およびW1912 LTEベースバンド・ライブラリを使用したLTE PHYブロックのデザイン/検証のデモ。".m-file"アルゴリズム・ブロックからVHDLの検証までの"scrambler"ブロックの流れを説明します。
 
W1461
W1910
W1912
4a -- 関連する技術記事 LTE物理層デザインに関する技術記事  
5 3:00 LTE eNB MIMOレシーバ・ベースバンド・テスト SystemVueで作成された任意波形のPXBでの使用および新しいVITA57デジタル・インタフェース経由でのXilinx Vertex6開発ボードへの出力のデモ。 W1461
W1910
N5106
5a -- 関連するサクセス・ストーリー SystemVueを使用したLTEレイヤ1の検証 W1910
W1912
6 5:49 SystemVueを使用したFPGAベースのSDR WiMAX IQ変調器のデザイン(パート1/4) ソフトウェア定義無線機(SDR)用のFPGAベースのMobile WiMAX IQ変調器のデザインおよび検証のデモンストレーション。アルゴリズムから固定小数点、VHDL、Xilinx ISEシンセシサイズド.bitファイル、Nallatechボード、Agilent VSA/Infiniium検証まで、W1462 SystemVue FPGA Architectのデザイン・サンプルの流れを紹介しています。
パート1/4では、固定小数点デザインについて紹介しています。
W1461
W1717
W1903
W1911
89600
7 3:45 SystemVueを使用したFPGAベースのSDR WiMAX IQ変調器のデザイン(パート2/4) パート2/4では、VHDLが作成されAgilent 89600 VSAソフトウェアによってコ・シミュレーションされます。 W1461
W1717
W1903
W1911
89600
8 4:03 SystemVueを使用したFPGAベースのSDR WiMAX IQ変調器のデザイン(パート3/4) パート3/4では、VHDLは、Agilent 89600 VSAソフトウェアで測定されたシステム・レベル性能を得るために、非線形RFシミュレーション・モデルを使って協調検証されます。 W1461
W1717
W1903
W1911
89600
9 3:49 SystemVueを使用したFPGAベースのSDR WiMAX IQ変調器のデザイン(パート4/4) パート4/4では、FPGAは、「迅速なプロトタイプ作成」手法を用いてシンセシスされ検証されます。
 
W1461
W1717
W1903
W1911
89600
10 4:23 SystemVueの紹介 - 入門 W1461 SystemVue Communications Architectソフトウェアの基本的な操作およびユーザ・インタフェース機能を紹介しています。 W1461
11 8:41 SystemVueの紹介 - パーツ配線の概要 W1461 SystemVue Communications Architectソフトウェア用のマルチ入力バスなどの配線および高度な接続機能を紹介しています。 W1461
12 5:23 SystemVueの紹介 - 演算言語モデル W1461 SystemVue Communications Architectソフトウェアの演算言語ブロックを使用することによる、ベースバンド物理層の".m-file"フォーマットでのインライン・アルゴリズム・モデリングの実行方法を紹介しています。 W1461
13 12:35 SystemVueの紹介 - C++で作成する簡単なDSPアルゴリズム・モデル カスタムDSPモデルをC++で10分以内に記述してデバッグし、W1461 SystemVue Communications Architectソフトウェアにリンクして物理層のデータフロー内で検証する方法を紹介しています。 W1461
14 3:30 SystemVueの紹介 - 1000倍高速化できるRF変調搬送波解析 この製品チュートリアルでは、新しいW1461 SystemVueを使用することにより、RF精度を低下させることなく、従来のソフトウェア・プログラムに比べて変調搬送波解析を1000倍高速化できることを紹介しています。このため、WiMAX®やLTEなどのI/Q信号に対してDSPを実行できます。 W1461
15 3:30 SystemVueの紹介 - SV2007 APGファイルのSV2009へのインポート この製品チュートリアルは、メタネットワークを古いバージョンのSystemVue(2007.03)からエクスポートしてSystemVue 2009.05以降にインポートする方法を紹介しています。これにより、重要なデザインを新しいプラットフォームで再利用できます。 W1461
W1450
W1705
16 4:05 RFlinkを使用した、RF効果のベースバンドDSPへの組み込み RFリンクを使用すれば、ベースバンド/DSPデザイナは、独自のシグナル・プロセッシング環境の適切なRFシステム・アーキテクチャ・モデルにアクセスできます。このSystemVueチュートリアルでご確認ください。 W1461
W1719
17 7:59 システム・レベル・デザインでのアナログ/RF Xパラメータ・モデルの使用  このチュートリアル・ビデオでは、Xパラメータ*・モデルをSystemVueのシステム・レベル・デザインでどのように使用できるかを紹介しています。この機能により、測定したRF成分とベースバンドDSP/アルゴリズム・デザインが、1つのトップダウン・デザイン・フローで統合されます。 W1461
W1719
18 9:04 C++コード作成の概要  このチュートリアル・ビデオでは、SystemVueシステム・レベル・スケマティックからのC++ソース・コードの作成方法を紹介しています。これにより、SystemVueを外部ベースバンド・ハードウェアの開発環境、仮想プラットフォーム、検証に接続できます。 W1461
W1718
19 3:38 IMS 2010でのインタビュービデオ 

Electronic Design社のLou Frenzel氏がDaren McClearnon氏に、Agilent SystemVueソフトウェアについてIMS 2010ショーでインタビューしています。

W1461
W1716
W1719
20 3:48 IMS 2010でのインタビュービデオ RF Globalnetが、IMS 2010で、Daren McClearnon氏にSystemVue 2010用の新製品についてインタビューしています。ハイライトは、W1716デジタル・プリディストーション(DPD)とアクティブ閉ループHARQフィードバックによるW1910 LTEスループット測定です。 W1461
W1716
W1910
21 8:34 SDR用のSCA規格に準拠した波形の迅速なプロトタイプ作成  波形アプリケーションをPrismTech社の“Spectra CX”プラットフォームにエクスポートし、軍事用ソフトウェア定義無線機用にSCA規格に準拠したソフトウェア・コンポーネントとして、生の機能ブロックをパッケージ化/配備/検証する方法を紹介しています。 W1461
W1718
PrismTech
SpectraCX
22 48:10 誰でもできる4G:デジタル・プリディストーションで拡張されたRF性能 収録済みのこのWebキャストは、安価な市販のシミュレーション・ツール、ライブラリ、テスト機器を使用して、市販の既製LTEパワーアンプの歪みやメモリ効果をモデル化したり補正するための、デジタル・プリディストーション(DPD)の実用的な手法を紹介します。また、モデル、機器のセットアップ、モデルの抽出手法について説明します。その後、DPDを使用した場合と使用しない場合の結果を示します。また、実現、性能のトレードオフ、可能なその他のカスタマイズのための実用的な知見を得ることができます。スライドを表示するには、ここをクリックしてください。 W1716
23a 07:33 コグニティブ無線アルゴリズムの開発(パートa)  「コグニティブ無線アルゴリズムの開発」のパートaのビデオでは、コグニティブ無線およびソフトウェア定義無線の物理層デザインの課題に対応するためのシミュレーションとテストを解説しています。 W1461
W1910
W1911
N6841
23b 07:49 コグニティブ無線アルゴリズムの開発(パートb)  上記の「コグニティブ無線アルゴリズムの開発」のパートb W1461
W1910
W1911
N6841
24 04:01 SystemVue OFDMライブラリを使用したコグニティブ無線  SystemVueの無料のOFDM物理層シミュレーション・ブロックセットは、コグニティブ無線の衝突回避レーダ・アルゴリズムの検証に使用されます。干渉が検出され、EVM/BER低下の原因を回避するためにOFDM搬送波が再割り当てされます。 W1461

その他の情報

Agilent EEsof EDAデザイン/シミュレーション・ソフトウェアの詳細。 

MATLABは、The Math Works, Inc.の登録商標です。

“WiMAX”、“Fixed WiMAX”、“Mobile WiMAX”、“WiMAX Forum”、WiMAX Forumロゴ、“WiMAX Forum Certified”、WiMAX Forum Certifiedロゴは、WiMAX Forumの登録商標です。

*「Xパラメータ」は、Agilent Technologiesの商標です。Xパラメータのフォーマットおよび基礎となる式は、オープンで文書化されています。詳細については、ここをクリックしてください。