お問い合わせ窓口

任意波形発生器

Arbitrary Waveform Generators複雑な波形を最高の信号品質で作成

動作環境を正確にシミュレートできる高度な信号作成機能は、さまざまなアプリケーションに必要です。このようなアプリケーションに使用する信号発生器は、長い複雑な信号シナリオを作成できることが要求されます。このような機能を備えているのが、最新の高度な広帯域任意波形発生器(AWG)です。

このような機器として、Agilent M9330A(PXIバージョン)およびN8241A(LXIバージョン)AWGがあります。これらは、広い帯域幅と15ビットの分解能を同時に提供します。これらの信号発生器は、従来のカスタム・テスト・システムの代わりに使用できます。このようなシステムは、複雑でコストがかかる上に、通常は1種類のデバイスやシステムしかテストできません。AWGによる信号作成は、レーダ・システム、電子戦闘(EW)システム、衛星通信システムなどの開発過程でのさまざまな動作シナリオのエミュレーションを容易にするためにも使用できます。

M9330AおよびN8241A信号発生器は、長いシナリオを可能にするために、ダイナミック・シーケンス設定とダイレクト・デジタル・シンセシス(DDS)という2つの技術を使用しています。ダイナミック・シーケンス設定では、波形再生時に信号セグメントを動的に任意の順序で繋ぐことができます。DDSでは、ゆっくり変化するシナリオの特性(搬送波周波数、位相、タイミング)と急速に変化する信号変調とを分離することができます。

  • 2チャネル(500 MHzの帯域幅)
  • 625 Mサンプル/sまたは1.25 Gサンプル/sのサンプル・クロック
  • 250 MHzまたは500 MHzの帯域幅(両方のチャネル)
  • 10ビットまたは15ビットの分解能
  • 8Mサンプル~16 Mサンプル(オプション)の波形メモリ
  • 高度なシーケンス・エンジン
  • DDSオプション
  • ダイナミック・シーケンス設定オプション
  • ファンクション・ジェネレータGUIオプション

信号発生の最新テクノロジーを使用して複雑なシナリオを作成

  • N8241A 任意波形発生器SIモジュール-15ビット, 1.25 Gサンプル/s / 625 Mサンプル/s N8241A 任意波形発生器SIモジュール-15ビット, 1.25 Gサンプル/s / 625 Mサンプル/s 

    N8241A 任意波形発生器SIモジュール-15ビット, 1.25 Gサンプル/s / 625 Mサンプル/s

    N8241A任意波形発生器シンセティック測定器モジュール

  • N8242A 任意波形発生器シンセティック測定器モジュール、10ビット、1.25 Gサンプル/sまたは625 Mサンプル/s N8242A 任意波形発生器シンセティック測定器モジュール、10ビット、1.25 Gサンプル/sまたは625 Mサンプル/s 

    N8242A 任意波形発生器シンセティック測定器モジュール、10ビット、1.25 Gサンプル/sまたは625 Mサンプル/s

    N8242A任意波形発生器SIモジュールは、AgilentのAWGの優れた性能と、スケーラブル・モジュールの高い柔軟性を兼ね備えています。

  • M9330A 任意波形発生器、15ビット、1.25 Gサンプル/s M9330A 任意波形発生器、15ビット、1.25 Gサンプル/s 

    M9330A 任意波形発生器、15ビット、1.25 Gサンプル/s

    M9330Aは、高分解能/広帯域の任意波形発生器であり、15ビットの垂直軸分解能と1.25 Gサンプル/sのサンプリング・レートにより、レーダ、衛星、周波数アジャイル通信システム向けの現実的な波形を作成できます。

  • M9331A 任意波形発生器、10ビット、1.25 Gサンプル/s M9331A 任意波形発生器、10ビット、1.25 Gサンプル/s 

    M9331A 任意波形発生器、10ビット、1.25 Gサンプル/s

    M9331Aは、広帯域の任意波形発生器であり、優れた信号品質と1.25 Gサンプル/sのサンプリング・レートにより、超広帯域波形の作成に高い性能を発揮します。

関連する業種&テクノロジー