お問い合わせ窓口

N5392A イーサネット用電気性能検証/コンフォーマンス・ソフトウェア

販売/サポート: 販売終了(サポート継続中)
サポート終了日: 1 March 2019
販売終了

主な特長と仕様

自動化:

  • テスト・セットアップ・ウィザードにより、テストの選択、設定、接続、実行、結果レポートの手順をガイド
  • 測定接続セットアップを表示
  • オシロスコープ・セットアップを各テスト用に自動的に設定
  • テスト結果レポートにテスト設定、実行された測定、合否ステータス、マージン解析、波形を記載

対応規格:

  • 1000Base-T、100Base-TX、10Base-T用のさまざまな電気テスト
  • 1000Base-Tの妨害信号/リターン・ロスの測定

要件:

  • N5395Bイーサネット・テスト・フィクスチャ
  • N5396A ジッタ・テスト用のギガビット・イーサネット・ジッタ・テスト・ケーブル

概要

N5392Aイーサネット電気性能検証/コンプライアンス・ソフトウェアは、Infiniiumシリーズ・オシロスコープ用のソフトウェアで、1000BASE-T、100BASE-TX、10BASE-Tイーサネット・デザインの容易な検証/デバッグを実現します。イーサネット・テスト・ソフトウェアを使用すれば、イーサネット物理層 (PHY) 電気テストを自動的に実行できます。また、テスト結果が柔軟なレポート・フォーマットで表示されます。レポートには、測定データのほかに、どの程度のマージンでデバイスが各テストに合格/不合格したかを示すマージン解析も含まれています。

イーサネット電気性能検証/コンプライアンス・ソフトウェアは、IEEE 802.3-2005およびANSI X3.263-1995規格の1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-Tシステム用イーサネット電気仕様に適合するさまざまなテストを提供します。

N5392Aイーサネット電気性能検証/コンプライアンス・ソフトウェアには、Agilent N5395Bイーサネット電気コンプライアンス・テスト・フィクスチャ、最低1個のInfiniiMaxアクティブ差動プローブ(1131A/1132A/1134A/1168A/1169A)およびE2678Aソケット付き差動プローブ・ヘッド、BNCケーブル(1000BASE-Tおよび10BASE-T測定の場合のみ)が必要です。1000BASE-Tのジッタ測定には、N5396Aギガビット・イーサネット・ジッタ・テスト・ケーブルとN5395Bイーサネット・テスト・フィクスチャ、2個のInfiniiMaxアクティブ差動プローブ、2個のE2677AまたはN5381Aソルダイン差動プローブ・ヘッドが必要です。

N5392Aイーサネット電気性能検証/コンプライアンス・ソフトウェアは、Microsoft Windows XP Proオペレーティング・システム搭載のすべてのInfiniiumシリーズ・オシロスコープで実行できます。

コンプライアンス・ソフトウェアのダウンロード